2022年11月02日

大相撲九州場所の新番付

日本相撲協会は10月31日に大相撲九州(13日初日、福岡国際センター)の新番付を発表した

以下に幕内上位の新番付を示す

(東)
横綱 照ノ富士
大関 貴景勝
関脇 若隆景
小結 玉鷲
小結 翔猿

前頭1 高安
前頭2 明生
前頭3 宇良

(西)
大関 正代
関脇 豊昇龍
関脇 御嶽海
小結 霧馬山
小結 大栄翔

前頭1 琴ノ若
前頭2 逸ノ城
前頭3 翠富士


先場所優勝の玉鷲は東の小結

先場所大関だった御嶽海は2場所連続負け越しで西の2番目の関脇

今場所は3関脇4小結

熱海富士が新入幕で西前頭,15枚目
初土俵から所要12場所での幕内昇進は幕下付け出しを除けば、年6場所制になってから史上8位タイのスピード出世

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

今年は6場所中5場所終えて優勝が毎場所違います

横綱としては納めの九州場所の優勝

年2回の優勝をしたいところ


奈落の底から見上げた明日

元大関で優勝もしている照ノ富士は病気(糖尿病)とケガで序二段まで降格
そこから番付を上げ、大関復帰、さらには横綱に昇進しました
地獄(序二段まで降格)を見た男の復活、昇進ストーリー
posted by june at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック