2022年05月09日

大相撲夏場所初日、横綱・照ノ富士ら敗れる波乱のスタート

8日に大相撲夏場所初日が行われた

横綱・大関陣では、照ノ富士(横綱)、正代・貴景勝(大関)が敗れ、初日を勝ったのは御嶽海だけでした

関脇・小結では、阿炎(関脇)、豊昇龍(小結)が敗れ、勝ったのは若隆景(関脇)、大栄翔(小結)だった

(この記事は、日本相撲協会の公式サイトを参考に作りました)

夏場所も先場所(春場所)同様に荒れそうですね

役力士(三役以上)で勝ったのは大関・御嶽海、先場所優勝の関脇・若隆景、小結・大栄翔のみ

このうち小結・大栄翔は横綱・照ノ富士から殊勲の星を挙げています

先場所ケガで途中休場した照ノ富士は今場所も大栄翔に敗れました

元大関で優勝経験もある照ノ富士は病気(糖尿病)とケガで序二段まで落ちながらそこから大関に復帰し、さらに横綱に昇進した不屈の精神の持ち主です

2日目以降に期待します

初日から波乱のスタートとなりました


相撲 照ノ富士 手形・サイン入り 色紙

照ノ富士の手形・サイン色紙です
夏場所は先場所途中休場の横綱・照ノ富士が初日から敗れるなど上位陣の多くが敗れ波乱のスタ-トです
posted by june at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック