2021年11月28日

大相撲九州場所14日目、照ノ富士が阿炎との直接対決を制し優勝を決める!

27日に、大相撲九州場所14日目が行われました

ここまで全勝の横綱・照ノ富士と1敗の阿炎の優勝争いの直接対決

この一番は短い相撲でしたが、阿炎の突進に照ノ富士がのけぞり土俵際まで後退する場面も・・・

土俵際で踏ん張った照ノ富士が最後は押し倒しで勝ち、6回目の優勝、大鵬以来となる新横綱からの連覇で史上5人目(太刀山(3連覇)、栃木山(3連覇)、双葉山、大鵬に次ぐ)の快挙

阿炎は善戦しましたが、及ばず、照ノ富士は苦戦しましたが、今場所ここまで14戦全勝で優勝を決めました

これで年間4回の優勝(6場所中、うち2連覇2回)

1年納めのきょう千秋楽も勝ち、自身初の全勝優勝を目指す

全勝優勝で偉業に花を添えることを目指す

元大関ながら病気(糖尿病)とケガで序二段まで落ち、そこから再び番付を上げ、大関に復帰、さらに横綱に昇進したのは凄いと思います


相撲 照ノ富士 手形・サイン入り 色紙

新横綱からの2場所連続優勝の偉業を決めた照ノ富士のサイン入り色紙です
ここまで今場所14戦全勝、きょうの千秋楽も勝っての全勝優勝を目指せ
posted by june at 05:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください