2021年11月29日

大相撲九州場所は照ノ富士が2場所連続6回目、自身初の全勝優勝!

28日に、大相撲九州場所千秋楽が行われました

前日の14日目に、平幕・阿炎との直接対決を制し、新横綱からの2連覇と6回目の優勝を決めた横綱・照ノ富士
(全勝・照ノ富士と1敗・阿炎の大一番)

その直接対決を制し、14戦全勝だった照ノ富士は、自身初の全勝優勝を賭け、この日、大関・貴景勝と対決!

照ノ富士は、少し苦戦しましたが、貴景勝に押し出しで勝ち、15戦全勝で、有終の美を飾り、優勝に花を添えました

今年は、年6場所中4回の優勝で、白鵬の現役引退もあったので、照ノ富士時代か!?

来年以降に注目

以下に今場所の優勝(幕内)と三賞の力士を列記

優勝
照ノ富士 15戦全勝 (6回目)

三賞
殊勲賞 該当者なし
敢闘賞 隆の勝(2回目)、阿炎(3回目)
技能賞 宇良(初)

(この記事は、日本相撲協会の公式サイトを参考に作りました)

照ノ富士は、元大関が序二段まで落ち、そこから大関に復活し、さらに横綱に昇進しました


奈落の底から見上げた明日

照ノ富士は、元大関だが、病気(糖尿病)とケガで序二段まで落ちながら、再び大関に復帰し、さらに横綱に昇進
新横綱からの2場所連続優勝をしました
posted by june at 16:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

大相撲九州場所14日目、照ノ富士が阿炎との直接対決を制し優勝を決める!

27日に、大相撲九州場所14日目が行われました

ここまで全勝の横綱・照ノ富士と1敗の阿炎の優勝争いの直接対決

この一番は短い相撲でしたが、阿炎の突進に照ノ富士がのけぞり土俵際まで後退する場面も・・・

土俵際で踏ん張った照ノ富士が最後は押し倒しで勝ち、6回目の優勝、大鵬以来となる新横綱からの連覇で史上5人目(太刀山(3連覇)、栃木山(3連覇)、双葉山、大鵬に次ぐ)の快挙

阿炎は善戦しましたが、及ばず、照ノ富士は苦戦しましたが、今場所ここまで14戦全勝で優勝を決めました

これで年間4回の優勝(6場所中、うち2連覇2回)

1年納めのきょう千秋楽も勝ち、自身初の全勝優勝を目指す

全勝優勝で偉業に花を添えることを目指す

元大関ながら病気(糖尿病)とケガで序二段まで落ち、そこから再び番付を上げ、大関に復帰、さらに横綱に昇進したのは凄いと思います


相撲 照ノ富士 手形・サイン入り 色紙

新横綱からの2場所連続優勝の偉業を決めた照ノ富士のサイン入り色紙です
ここまで今場所14戦全勝、きょうの千秋楽も勝っての全勝優勝を目指せ
posted by june at 05:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

照ノ富士の新横綱からの2場所連続優勝なるか!?に注目

23日に行われた大相撲九州場所10日目は、9日まで全勝だった大関・貴景勝が敗れ、同じく全勝の横綱・照ノ富士がこの日も勝ったため、照ノ富士が単独トップに・・・

全勝が照ノ富士、1敗で貴景勝と平幕の阿炎が追う展開に

照ノ富士は、元大関で優勝もしたが、病気(糖尿病)とケガで番付が序二段まで降格

そこから番付を上げ、再入幕

優勝をするなど優秀な成績で再び大関へ

さらに大関から横綱に昇進した

先場所、新横綱で優勝すると、大鵬以来の新横綱からの2場所連続優勝を今場所狙っている

言葉にすると、簡単だが、元大関が病気とケガで序二段にまで降格し、そこから番付を再び上げ、横綱に昇進したのは凄いと思います

照ノ富士の新横綱からの2場所連続優勝が成るかに注目


奈落の底から見上げた明日

元大関で優勝経験もあった照ノ富士が病気とケガで序二段にまで降格し、そこから横綱にまで昇進した
自ら苦闘の日々を振り返る
posted by june at 05:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年11月02日

大相撲九州場所新番付

1日に、日本相撲協会は、大相撲九州場所(14日初日、福岡国際センター)の新番付を発表

元横綱・白鵬(現・間垣親方)の現役引退で「一人横綱」となった照ノ富士は東の正位に

新横綱の先場所・秋場所に続く連覇を狙う

新横綱からの連覇は、優勝制度が制定された明治42年以降、太刀山栃木山双葉山大鵬の4人だけ

年6場所制の昭和33年以降では大鵬だけ

照ノ富士は、糖尿病やケガなどで大関から序二段まで落ち、そこから「復活」し、横綱となり、新横綱で優勝、今場所に新横綱からの連覇を狙っています

新番付の上位を以下に

(東)
横綱 照ノ富士
大関 正代
関脇 御嶽海
小結 逸ノ城

前頭1 大栄翔
前頭2 阿武咲
前頭3 隠岐の海

(西)
大関 貴景勝
関脇 明生
小結 霧馬山

前頭1 若隆景
前頭2 陸の勝
前頭3 妙義龍

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)



奈落の底から見上げた明日
posted by june at 07:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする