2017年03月27日

大相撲で稀勢の里の奇跡の逆転優勝!

26日に、大相撲の春場所千秋楽が行われ、2敗で1敗の大関・照ノ富士を追う稀勢の里が照ノ富士との直接対決の本割を制し、優勝決定戦に持ち込み、優勝決定戦でも照ノ富士に勝ち、本割、優勝決定戦を連勝し、逆転優勝・・・
 
本割、優勝決定戦を連勝し、逆転優勝するだけでも、たいしたものですが、稀勢の里は、13日目にケガをしてしまった「手負い」の状態で、まさに奇跡の逆転優勝・・・
 
新横綱での優勝は、1場所15日制が定着した昭和24年(1949年)以降、大鵬、隆の里(稀勢の里の先代師匠)、貴乃花しかおらず、全勝優勝となると隆の里だけです・・・
 
稀勢の里は、4人目の快挙、2場所連続2回目の優勝です・・・
 
新横綱の優勝・・・
大鵬 13勝2敗 昭和36年九州
隆の里 15勝 昭和58年秋
貴乃花 13勝2敗 平成7年初
稀勢の里 13勝2敗 平成29年春
(注)
1場所15日制が定着した昭和24年(1949年)以降

先代師匠の隆の里の新横綱での全勝優勝はなりませんでしたが、逆転での奇跡の優勝達成!
 
優勝と三賞は以下の通りです・・・
 
優勝・・・
稀勢の里(2回目)
 
三賞・・・
殊勲賞 高安(3回目)
敢闘賞 貴景勝(初)
技能賞 該当者なし

糖尿病は現代医学では完治しないといわれますが、私は独自の方法で糖尿病を完治させました。

糖尿病を完治させた経緯についてはコンテンツ「奇跡の完治」を、完治の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」の申し込み、レポートの入手方法については「レポート奇跡の完治ー申し込み」をご覧ください。

posted by june at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

隆の里の弟子だった稀勢の里が優勝するか注目!

現在(2017年3月24日)、大相撲春場所が開催中です・・・

新横綱の稀勢の里が初日から12連勝ですが、稀勢の里の先代師匠の隆の里は、糖尿病でした・・・

しかし、自己管理で、糖尿病を「コントロール」し、横綱となり、新横綱では、1場所15日制が定着した昭和24年(1949年)以降では、ただ一人全勝優勝をしています・・・
(新横綱での優勝は、上記条件以降で、大鵬、隆の里、貴乃花の3人)

隆の里の弟子だった稀勢の里が、師に続いて、新横綱で優勝を、さらにいえば、全勝優勝をするか注目ですね・・・


糖尿病は現代医学では完治しないといわれますが、私は独自の方法で糖尿病を完治させました。

糖尿病を完治させた経緯についてはコンテンツ「奇跡の完治」を、完治の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」の申し込み、レポートの入手方法については「レポート奇跡の完治ー申し込み」をご覧ください。

posted by june at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。