2017年03月27日

大相撲で稀勢の里の奇跡の逆転優勝!

26日に、大相撲の春場所千秋楽が行われ、2敗で1敗の大関・照ノ富士を追う稀勢の里が照ノ富士との直接対決の本割を制し、優勝決定戦に持ち込み、優勝決定戦でも照ノ富士に勝ち、本割、優勝決定戦を連勝し、逆転優勝・・・
 
本割、優勝決定戦を連勝し、逆転優勝するだけでも、たいしたものですが、稀勢の里は、13日目にケガをしてしまった「手負い」の状態で、まさに奇跡の逆転優勝・・・
 
新横綱での優勝は、1場所15日制が定着した昭和24年(1949年)以降、大鵬、隆の里(稀勢の里の先代師匠)、貴乃花しかおらず、全勝優勝となると隆の里だけです・・・
 
稀勢の里は、4人目の快挙、2場所連続2回目の優勝です・・・
 
新横綱の優勝・・・
大鵬 13勝2敗 昭和36年九州
隆の里 15勝 昭和58年秋
貴乃花 13勝2敗 平成7年初
稀勢の里 13勝2敗 平成29年春
(注)
1場所15日制が定着した昭和24年(1949年)以降

先代師匠の隆の里の新横綱での全勝優勝はなりませんでしたが、逆転での奇跡の優勝達成!
 
優勝と三賞は以下の通りです・・・
 
優勝・・・
稀勢の里(2回目)
 
三賞・・・
殊勲賞 高安(3回目)
敢闘賞 貴景勝(初)
技能賞 該当者なし

糖尿病は現代医学では完治しないといわれますが、私は独自の方法で糖尿病を完治させました。

糖尿病を完治させた経緯についてはコンテンツ「奇跡の完治」を、完治の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」の申し込み、レポートの入手方法については「レポート奇跡の完治ー申し込み」をご覧ください。

posted by june at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

隆の里の弟子だった稀勢の里が優勝するか注目!

現在(2017年3月24日)、大相撲春場所が開催中です・・・

新横綱の稀勢の里が初日から12連勝ですが、稀勢の里の先代師匠の隆の里は、糖尿病でした・・・

しかし、自己管理で、糖尿病を「コントロール」し、横綱となり、新横綱では、1場所15日制が定着した昭和24年(1949年)以降では、ただ一人全勝優勝をしています・・・
(新横綱での優勝は、上記条件以降で、大鵬、隆の里、貴乃花の3人)

隆の里の弟子だった稀勢の里が、師に続いて、新横綱で優勝を、さらにいえば、全勝優勝をするか注目ですね・・・


糖尿病は現代医学では完治しないといわれますが、私は独自の方法で糖尿病を完治させました。

糖尿病を完治させた経緯についてはコンテンツ「奇跡の完治」を、完治の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」の申し込み、レポートの入手方法については「レポート奇跡の完治ー申し込み」をご覧ください。

posted by june at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

糖尿病の完治は奇跡

私自身が驚いた糖尿病の完治・・・

この「真実」は、奇跡の完治といっていいと思います。
posted by june at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

大相撲と糖尿病2

大相撲では、身体を大きくする(太る)ことも大切な「仕事」といわれます。

太りにくかった大関・貴ノ花や若嶋津などがこのことで大変苦労したようです。

大相撲などでは、身体を大きく(太る)ため、大食などになりがちです。

「(たくさん)食べること」も「仕事」のひとつなわけですね。

生活習慣病の一つといわれる糖尿病は「食べること」つまり「食生活」などとも深く関わります。

大相撲と糖尿病の関係はかなり深いといえます。

一般によく知られているだけで、糖尿病だった大相撲力士には、照国、常陸山、柏戸(剛)、隆の里などがいます。

実際には、もっと多くの糖尿病患者がいるでしょう。

元大関の魁傑や若秩父なども糖尿病だったといわれています。


糖尿病は現代医学では完治しないといわれますが、私は独自の方法で糖尿病を完治させました。

糖尿病を完治させた経緯についてはコンテンツ「奇跡の完治」を、完治の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」の申し込み、レポートの入手方法については「レポート奇跡の完治ー申し込み」をご覧ください。

(この記事は、サイト「メインウェーブ」の記事「大相撲と糖尿病2」をそのまま転載しました)
posted by june at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

柏戸剛と糖尿病

食生活などとも関わることもある糖尿病と相撲はかなり関係が深いといえます。

糖尿病の治療で服薬のほかに病院や医者の方針などにもよりますが、インスリンの注射があります。

第47代横綱・柏戸剛は、インスリンを注射しながら現役を続けたことでも知られています。

まさに壮絶ですね。

第59代横綱の隆の里などもインスリンの注射をしていたといわれます。



私もかつて糖尿病でインスリンを注射したことがあります。

インスリンを一番多く注射した時で、朝11単位、夕13単位でした。

よくぞこの状態からまさに「奇跡の完治」をしたと思います。


糖尿病は現代医学では完治しないといわれますが、私は独自の方法で糖尿病を完治させました。

糖尿病を完治させた経緯についてはコンテンツ「奇跡の完治」を、完治の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」の申し込み、レポートの入手方法については「レポート奇跡の完治ー申し込み」をご覧ください。

(この記事はサイト「メインウェーブ」の「柏戸剛と糖尿病」をそのまま転載したものです)
posted by june at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

大相撲と糖尿病

大相撲といえば、巨体、大きな身体、太い身体などを思い浮かべます。

肥満や大飲・大食などを思い浮かべます。

食生活などから生活習慣病は、いわば力士(相撲)の「職業病」ともいえ、生活習慣病の一つである糖尿病も力士(相撲)の職業病ともいえます。

有名なところでは、照国、常陸山、柏戸(剛)、隆の里などで、栃錦の春日野親方なども糖尿病だったといわれます。

上記は有名な超メジャーどころで、細かく調べればまだまだ糖尿病だった力士が出てくるはずです。

大相撲と糖尿病の関係はかなり深いといえます。



糖尿病は現代医学では完治しないといわれますが、私は独自の方法で糖尿病を完治させました。

糖尿病を完治させた経緯についてはコンテンツ「奇跡の完治」を、完治の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」の申し込み、レポートの入手方法については「レポート奇跡の完治ー申し込み」をご覧ください。

(この記事はサイト「メインウェーブ」の記事「大相撲と糖尿病」をそのまま転載したものです)
posted by june at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

パソコン故障で

パソコン故障のため、更新できませんでした。
posted by june at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

「さぼてん」で昼食

今日(24日)の昼食は、八木橋デパートの地下の「さぼてん」で、ミックスフライ弁当(大盛)を買って、食べました。

美味しかったですね。
posted by june at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

Mさん、発送しました

Mさん、本日(3月15日)午前中に、レポート「奇跡の完治」を発送しました。

繰り返しになりますが、入金ありがとうございます。

よろしくお願いします。
posted by june at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

Mさん、ご入金確認しました

Mさん、ご入金確認しました。

ありがとうございます。

レポート「奇跡の完治」を発送します。
posted by june at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。